狭いオフィスでも快適な環境にするための3つの工夫 | 沖縄のオフィス設計会社 マルゼンのノウハウをブログで公開

マルゼン

オフィス空間創りを通して社員の夢実現を応援し
大好きな沖縄をより良くする

お気軽にお問い合わせください。平日9:00~18:00

0120-33-0081

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

マルゼンノウハウブログ

狭いオフィスでも快適な環境にするための3つの工夫

2020/04/27

「一人あたりの面積が狭い」「同僚との距離感が近くて業務に集中できない」
といった不満が社員様から出てきませんか?
       
快適なオフィス環境にするためにオフィスレイアウト変更をしようと思っても
狭いオフィスでは出来ることが限られます。

オフィス移転をして広いオフィスに移転することも考えられますが、
コストがかかるため現実的ではないという方も多いのではないでしょうか?

狭いオフィスだからこそ、限られたオフィスの面積で少しでも
快適に仕事ができる工夫が必要となります。

今回は、狭いオフィスを快適な環境に改善したいとお悩みの方へ
狭いオフィスでも快適な環境にするための3つの工夫をご紹介します。

工夫① ペーパーレス化を行う
       
オフィスでは書庫やキャビネットに多くのスペースを割り当てています。
書庫やキャビネットはスペースを取るだけではなく、
高さがあるために圧迫感もあり、よりオフィスを狭く感じる原因となっています。
ペーパーレス化を行い、オフィスに保管する書類は最小限にしましょう。
書庫やキャビネットが1つ減るだけでも活用できるスペースが広がります。

工夫② デッドスペースを活用する
       
オフィスには、何の用途にも活用されていない無駄なスペースがあります。
デッドスペースは物理的にオフィスデスクやオフィスチェアが置けない場所によく発生します。
狭いオフィスでは、このデッドスペースを有効活用することが
快適なオフィス環境を作る上で必須です。
具体的には下記を行いましょう。
例1)柱に専用塗料を塗布し、柱をホワイドボードとして活用する
例2)腰の高さの収納庫はスタンディングデスクとして活用する
例3)小さいデスクが設置できるスペースを電話ブースとして活用する

工夫③ オフィスの色彩を明るい色にする
       
色には様々な心理的効果があります。開放感のある広いオフィスに見せるために、
明るい色をオフィスに取り入れましょう。
濃い色を活用したオフィスは、引き締まった印象になりますが、
圧迫感や狭い印象を与えてしまいます。
狭いオフィスを広く見せるためには、オフィスの壁や天井、オフィスデスクは白色を取り入れ、
床にはグレー、そしてオフィスチェアには黒色を取り入れましょう。
このように色にコントラストをつけることにより、開放感のあるオフィスを演出することができます。

この他にも狭いオフィスでも快適な環境にするための工夫があります。
弊社では狭いオフィスのオフィスレイアウト設計をサポートしてきた豊富な実績があります。
狭いオフィスでお困りの方はお気軽にご相談ください。
https://www.maruzen-office.jp/

TOPへ戻る