沖縄のオフィス設計会社 マルゼンのノウハウをブログで公開

マルゼン

オフィス空間創りを通して社員の夢実現を応援し
大好きな沖縄をより良くする

お気軽にお問い合わせください。平日9:00~18:00

0120-33-0081

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

マルゼンノウハウブログ

オフィスレイアウト変更をするときの8つの秘訣2

2016/05/27   :   ノウハウブログブログ

はいさい!     ぐすーよー   ちゅーうがなびら
(こんにちは!) (みなさん)  (お元気ですか?)

沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計・レイアウト変更を行っている 株式会社マルゼンの比嘉基です。

さて、前回までは、オフィスレイアウト変更術 8つの秘訣のうちの

ひとつ、

①レイアウト変更の成功or失敗は、スペースの配置、配分で9割が決まる!?

を数回に分けてお伝えしてきました。

今回からは、2つ目の秘訣をお伝えしていきたいと考えています!



前回(2016年5月2日)のノウハウブログ

テーマは「オフィス面積の割り振りを決める」と「社員一人あたりの適正な執務スペース」でした。

そこで今回は、「オフィスの快適さは、○○で決まる! あなたのオフィスは大丈夫かね〜?」

についてです。


以外と重要なのは、通路の幅です。 これはオフィスの快適さにも直結してきますので、お気をつけください!

手順としては、ゾーニングが決まりましたら、通路幅を考えていきます。

デスクや収納庫、ミーティングテーブルの配置を先に考えてしまいがちですが、適正な通路幅を確保することは

レイアウト変更において非常に重要です!


通路幅が狭いと、移動をする際に社員のストレスの原因にもなるんです!

また、社員同士、社員と什器の接触による怪我や破損の危険性も出てきますよね!


通行する時に、すれ違う同僚や座っている同僚、什器を気にせずに通行できることが、オフィス内の快適さにも

直結してきます。

ですので、まずはストレスなく、通行できる適正な幅を確保して快適なオフィス空間にしましょう!!


快適な通路幅(参考)
 
   下記にパターン別の快適な通路幅を示します。 こちらを参考に通路幅を設定してみてください。


■デスクとデスク(背中合わせ)
 標準:1800mm
画像1

■デスクとデスク(同じ向き)
 標準:1200mm
画像2

■デスクと壁面
 標準:1400mm
画像3

■メイン通路
 標準:1200mm
画像4



他にも様々なパターンがあると思いますが、今回は参考までに掲載させていただきましたので、

別途ご相談ございましたら、お気軽にお声がけくださいませ!



次回は、

③「コミュニケーションを活性化させたい・・・」
  それ、レイアウト変更で解決できます!!

について、考えていきたいと思います。



今回も私ども株式会社マルゼンのホームページをご覧いただき、

そして最後までお読みいただき誠にありがとうございます! m(_ _)m


皆様の会社様の今後益々のご発展をご祈念いたします。



沖縄県内のオフィスや施設、店舗の

オフィスレイアウトや移転、家具・備品・工事のご相談は マルゼンにお任せください♪


↓詳しくは↓
 コチラ
 

more

オフィスレイアウト変更をするときの8つの秘訣1-3

2016/05/02   :   ノウハウブログブログ

 はいさい!     ぐすーよー   ちゅーうがなびら
(こんにちは!) (みなさん)  (お元気ですか?)


沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計・レイアウト変更を行っている 株式会社マルゼンの比嘉基です。

さぁ!いよいよGWですね!

GWの予定はどうですか? お仕事の方も多いと思いますし、家族と、友達と過ごす方、

また一人の時間をたっぷりとるなど、いい時間を過ごしてくださいね。

リフレッシュして、GW明けは更にパワーアップ!

元気モリモリ気力もバッチリ新たな気持ちで仕事に取り組んでいきましょう!!




前回(2016年4月6日)のノウハウブログ

テーマは「ゾーニングをする時のオフィスに必要なスペースの洗い出し方」でした。

今回は、「オフィス面積の割り振りを決める」と「社員一人あたりの適正な執務スペース」

についてです。


前回では各々のスペースを決めた後、各スペースを利用する人がどなたなのかを

社員、来客者、社員と来客者の3つのゾーンで分類していきました。

今回からは、各スペースの位置関係が決まった後の話しです。


各スペースの位置関係が決まったら、オフィス面積をどのように割り振るかを決めていきます。

と言っても何を基準に決めていいのか、見当がつかないと思いますので、参考までに

一般的なオフィスにおける各スペースの構成比率をお見せします。

業種によっても構成比率は変わってきますので、全く同じ比率にする必要はありませんのでご安心を(笑)

構成比率


最近では各企業様、オフィスにコミュニケーション活性化の機能を求める傾向が強く、

会議・ミーティングスペースやリフレッシュスペースに割く構成比率が上昇する傾向が見られ、

ご要望も多くあります。




オフィス面積の割り振りが決まりましたら、次は

「社員一人あたりの適正な執務スペース」を考えてみましょう。

狭すぎる執務スペースでは、社員の仕事の効率やモチベーションが下がってしまいます。

かといって、逆に広すぎる執務スペースではスペースを無駄に利用していることになります。

執務スペースのオフィス面積が適正化を判断する際に役立つのが

「社員一人あたりの執務スペース」です。

これは、以下の計算で算出することができますので、こちらもご参考までに。

執務スペースの面積(平米)÷ 社員数(人)

仮に、執務スペースが90平米、社員数15名の場合は、

「90(平米)÷15(人)=6平米/人」となります。

社会法人ニューオフィス推進協議会では社員一人あたりの執務スペースの広さの

最低限度は6平米としています。

社員一人あたりの執務スペースを少なくとも6平米以上確保することができるように

オフィス全体のスペース構成比率を決めゾーニングを行いましょう。


以上で、オフィスレイアウト変更術 8つの秘訣のうちのひとつ、

①レイアウト変更の成功or失敗は、スペースの配置、配分で9割が決まる!?

を終わります。

次回からは、

②オフィスの快適さは○○で決まる! あなたのオフィスは大丈夫?
について、更新していきたいと考えてます。


今回も私ども株式会社マルゼンのホームページをご覧いただき、

そして最後までお読みいただき誠にありがとうございます! m(_ _)m

皆様の会社様の今後益々のご発展をご祈念いたします。



沖縄県内のオフィスや施設、店舗の

オフィス家具・備品のご相談は マルゼンにお任せください♪


↓詳しくは↓
コチラ


more

オフィスレイアウト変更をする時の8つの秘訣 1-2

2016/04/07   :   ノウハウブログブログ

はいさい!     ぐすーよー   ちゅーうがなびら
(こんにちは!) (みなさん)  (お元気ですか?)

沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計をしている 株式会社マルゼンの比嘉基です。

ここ沖縄の気温は28℃! ここ最近の週末は、海開きをするニュースも流れてきています!



慌ただしかった3月も終わり、今年も早いもので、あっという間に四半期も過ぎていきました Σ(・□・;)

私も3月は何かとバタバタで・・・という言い訳を自分にしているうちに

ブログの更新が今日になってしまいました!(◎_◎;)


さぁ!4月からは新年度ということで、気持ちも切り替えていきましょう!!


前回(2016年3月11日)のノウハウブログ

テーマは「ゾーニングを考える」(空間をテーマや用途に分けて考える)でした。

今回は、前回からの続きで、


「ゾーニングをする時のオフィスに必要なスペースの洗い出し方」についてです。



皆さんのオフィス内を見渡してみてください(もしくは想像してみてください)。

各企業様において、もちろん違いはありますがオフィス内にはどんなスペースがありますか。

例えば・・・

執務スペース、ミーティングスペース、社長スペース、受付スペース、リフレッシュスペース  など。

ゾーニングをする時、まずはオフィスに必要なスペースを洗い出してみることから始まります。

次にスペースを洗い出したら、各スペースの利用者は誰か? という視点で下記の3つのゾーンに分類してみましょう。

これ、プチポイントです!(^_^)


1.社員が利用するスペース ⇨ 執務スペースや社長スペース・・・

2.来客者が利用するスペース ⇨ 受付スペースや待合いスペース

3.社員と来客者共に利用するスペース ⇨ 応接スペースやミーティングスペース

この分類をもとに、社員さん、来客者の方それぞれの動線を考えていきます。

ここでは特に来客者の動線はプライバシーマークの取得においても重要なポイントになってきます!


来客者と部署の関係性や部署間同士の関係性もゾーンングにおいて重要なポイントです!



例えば、来客者や配達の対応をする内勤の部門は、受付スペース付近に配置します。

また、打合せの多い営業部門と営業事務、または営業部門とデザイン部門などは隣接させることで

コミュニケーションが活性化されます。

来客者が利用するスペース(待合いスペースやミーティングスペース)は受付近くに配置することで

来客者の誘導がスムーズになりますし、来客者の行動範囲を受付周辺にとどめることで

セキュリティーも高まります。


ある部署が頻繁に利用するスペースは、その部署の近くに配置します。

例えば、打合せの多い営業部なら、ミーティングスペースを部署の近くに配置することで

気楽にミーティングができるようになって、コミュニケーションの頻度が増えます。

印刷の多い部署は印刷や作業スペースの近くに配置したりすることで無駄な移動時間も削減できて業務効率もあがります。


反対にわざと距離を置く必要がある部署もあるんです!

集中できる環境が必要な設計部門と電話の多い営業部門、コールセンターは遠くに配置するなど。


いかがでしょうか?

「ゾーニングをして、必要なスペースを出す」

言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、レイアウトを考えていく最初の段階でこの部分は

しっかりと行っていた方が、あとあと、「ああでもない、こうでもない・・・」と

無駄に思い悩む時間を過ごさなくていいですよ!



さて、次回は1つ目のテーマの最終章です。(まだ1つ目だったんですよ 笑)


「オフィス面積の割り振りを決める」
      と

「社員一人あたりの適正な執務スペース」  について書いていきますね!




今回も私ども株式会社マルゼンのホームページをご覧いただき、


そして最後までお読みいただき誠にありがとうございます! m(_ _)m


皆様の会社様の今後益々のご発展を祈念いたします。



沖縄県内のオフィスや施設、店舗の

オフィス家具・備品のご相談は マルゼンにお任せください♪



↓詳しくは↓
コチラ

more

オフィスレイアウト変更をする時の8つの秘訣 1-1

2016/03/11   :   ノウハウブログブログ

 はいさい!     ぐすーよー   ちゅーうがなびら
(こんにちは!) (みなさん)  (お元気ですか?)

沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計をしている 株式会社マルゼンの比嘉基です。

この3月は、年度末決算、歓送迎会などもあり各会社さんにとっても充実した

日々を送られていると思いますが、体調管理には充分に気をつけてこの時期を

乗り切っていきましょう!



前回(2016年2月26日)のノウハウブログでは、

「失敗しないパートナーの選び方」について発進させて頂きました!

今回は、

「オフィスレイアウト変更をする時の8つの秘訣」

について少しずつ回を分けながら紹介していきたいと思います。

まずは・・・

「ゾーニングを考える」(空間をテーマや用途に分けて考える) です!

オフィスレイアウトを変更する時にまず考えるのがこのゾーニングです。

ゾーニング???・・・

説明しよう。ゾーニングとは・・・(仮面ライダーが変身する時のナレーション風・・・古っ!)

失礼しました! もとい!

ゾーニングとは、

①オフィスに必要な様々なスペース(受付・会議室・応接室・執務室など)をどこに配置するか?

②でてきたスペースごとの広さをどのくらいにするか?

を検討することです。

このように必要となるゾーニングをした上で、具体的なレイアウトやオフィス家具選びをすると、スムーズ

にレイアウト変更を進めていくことができます。

オフィス全体のレイアウト変更をする場合はもちろんですが、今回はデスクの移動だけだから、

という場合もこれを機会に一度、全体のゾーニングを見直すことをお勧めします。

私たちは日々、中小企業様のオフィスを訪問させていただいていますが、失礼を

承知で申し上げますが、

オフィス内にただデスクや収納庫を配置しているだけ、という会社様が多いように感じます。

しかしこれは、お客様のせいではありません!

残念ながら、ゾーニングを考えずに提案をした業者の問題でもあります。

最初のブログにも書かせていただきましたが、私たちマルゼンの考える

オフィススペースは、単に仕事をする箱(場所)ではなく、考え方によっては会社の理想の姿を実現できる空間になり得ると考えています。

ゾーニング次第で業務効率や社内コミュニケーション、働きやすさが変わってきます。

オフィスの価値を最大化するためにも、一度ゾーニングを見直してしてみませんか?





次回は、「ゾーニングをする上でオフィスに必要なスペースの洗い出し」について書いてみたいと思います。


今回も私ども株式会社マルゼンのホームページをご覧いただき、そして最後までお付合いいただき

誠にありがとうございます!

皆様の会社様の今後益々のご発展を祈念いたします。



沖縄県内のオフィスや施設、店舗の

オフィス家具・備品のご相談は マルゼンにお任せください♪


↓詳しくは↓
コチラ

more

移転の際に発生するごみ処分ってどうするの?

2016/03/07   :   ノウハウブログブログ

 

 

沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計をしているマルゼン金城東三郎です!

 

 

 

3月7日(月)

 

このブログをご覧になっているみなさんはおそらくオフィス移転や

 

改修工事に興味があると思います。

 

今回はオフィス移転で出た[オフィスのゴミ]をどうするのかをご説明いたします。

 

 

前回紹介した建築デザイン会社様のオフィス移転の事例を参考にしてください 😛 

 

 

 

オフィスの移転は家具や書類の移動だけでなく、かなりの廃棄物も出てきます

 

・古くて壊れたオフィス家具

・書類(段ボール100箱以上)

・使えなくなった家電(冷蔵庫・レンジ・PC)

 

などがあります

 

これだけでもかなりの量になるので、お客様とゴミの廃棄も打ち合わせしました。

 

 

ゴミは旧事務所に残して、すべての移転完了後マルゼンがゴミの廃棄をおこないました 🙂 

 

今回ゴミの廃棄にかかった日数は約2日間で、2tトラック2台分になりました!

 

実はけっこうな時間をかけないとゴミの廃棄は難しいんですね 😥 

 

マルゼンではオフィスの移転の際に発生するゴミの処分もおこなっております。

 

 

沖縄県内のオフィス・施設・店舗への

 

オフィス家具・備品・内装工事・オフィス移転の

 

ご相談はマルゼンへおまかせ下さい。

 

詳しくは コチラ

 

 

 

more

失敗しない パートナーの選び方

2016/02/26   :   ノウハウブログブログ

2016年2月26日 2回目

 はいさい!     ぐすーよー   ちゅーうがなびら
(こんにちは!) (みなさん)  (お元気ですか?)


沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計をしている 株式会社マルゼンの比嘉基です。

前回(2016年2月12日)のノウハウブログでは、

私たち株式会社マルゼンの考えるオフィス創りについて発進させて頂きました!

今回は、ほんのちょっとだけ実務的な話しを紹介したいと思います。

それは・・・

「失敗しない パートナーの選び方」 です!


特にこれから3月、4月の時期は、人数の増減や組織変更などが発生して比較的オフィスレイアウトの変更が多くなりますよね。

レイアウト変更だけでは収まりきれず、オフィス移転・引越しが必要となることもあったりします。

しかしその度ごとに対応をしていくと時間も手間も費用もかかって大変! 😯 

特にこの時期の(まぁ、時期に関係ありませんが・・・)オフィスレイアウト変更やオフィス移転・引越しは、

ただでさえ通常業務が忙しい中行いますから、レイアウト変更やオフィス移転引越しのプロジェクト責任者の方は本当に大変です!

なぜか?!

オフィスレイアウト変更や移転引越しとなると、プロジェクトチームの責任者は様々な会社さんとのやりとりをすることになります。

例えば、設計会社、内装工事会社、電気工事会社、OA機器メーカー、配線工事会社さん・・・。

更に移転となると、関係官庁への届け出、移転挨拶状、名刺作成・・・。 ね?

数社からの相見積りもとるとなれば、さらに打ち合わせが必要になる会社さんも増えていきますから、責任者の方は大変です 😥 

いつも打ち合わせをする中で苦労されている責任者の方には本当に頭のさがる思いです。

しかも、打ち合わせをする会社さんが多くなると、ちゃんと情報が伝わっていなかったりとミスが発生するリスクも高まってきます・・・。


そこで、このような失敗を防ぐための「失敗しない パートナーの選び方」です。

このパートナー選びには、打ち合わせの必要な各会社さんへとの連絡の一括窓口となってくれる会社さんを前提に選ばれることをお勧めします。

オフィスレイアウト変更や移転引越しプロジェクトの一括窓口を務めることができる会社さんは、

このような業務になれているのでミスも発生しにくく、押さえるべきポイントもわかっていますから

責任者の方も各会社さんに毎回同じ説明をする必要がなくなり、手間も時間も大幅に省略できま

すので、責任者の方はその時間を本来行う業務に割くことができる! 😀 

ということです!

当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、実際に行っているところはなかなかありません。

その点、私ども株式会社マルゼンはその点様々なノウハウをもっていますので、ぜひ安心してお任せください!




今回も勝手な考えをツラツラと書いてしまいました。

私ども株式会社マルゼンのホームページをご覧いただき、そして最後までお付合い

いただき誠にありがとうございます!

皆様の会社様の今後の益々のご発展を祈念いたします。






沖縄県内のオフィスや施設、店舗の

オフィス家具・備品のご相談は マルゼンにお任せください♪

↓詳しくは↓
コチラ

more

株式会社ナンポー様 オフィス改修工事♪

2016/02/19   :   ノウハウブログブログ

沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計をしている、マルゼンの金城東三郎です。


2016年2月19日(金)


沖縄県 那覇市 株式会社ナンポーさまの

 

オフィス改修工事を行いました

 

ナンポー様では[夢あるお菓子メーカー]として

 

オフィスもリニューアルし夢あるオフィスに

 

なっております

 

マルゼンでは床上げ工事・パーテーション工事・配線工事を

 

担当しました。

 

OAフロア工事の風景です♪

OAフロア工事

 

既存の床材も持ってましたので追加で入れております

 

商品を無駄にすることなく利用できてよかったです

 

パーテーション工事

既存のパーテーションを利用して部屋も大きくしました 😆 

 

この度はマルゼンへのご相談ありがとうございました!

 株式会社ナンポーさまの今後のご発展をお祈りいたします ☆
 
 
沖縄県内のオフィスや施設、店舗の改修

オフィス家具・備品のご相談は マルゼンにお任せください♪

↓詳しくは↓
コチラ
 

 

  


 

more

マルゼンの考えるオフィス創り

2016/02/12   :   ノウハウブログブログ

沖縄県 那覇市新都心でオフィス設計をしている 株式会社マルゼンの比嘉基です。

今回初めて、私比嘉基にとっても人生初めてのブログを更新します!

このノウハウブログでは、株式会社マルゼンの核となるオフィス設計を中心とした

オフィス移転(引越し)、オフィスレイアウト作りの考え方をお伝えしていきます。


具体的に言いますと、今年から施行されるマイナンバーの物理的安全管理措置

(マイナンバーで生産性を落とさず、情報漏えいを防ぐオフィス創り)に関する取り組み方や最新情報。

毎月、株式会社マルゼン社内にて開催しているオフィス移転(引越し)やオフィス

レイアウト変更をする前に取り組むべきことを事例をいっぱいに詰め込んだ

社長の想いをオフィスに落とし込む「真のオフィス創り勉強会」

の案内もしていきます!

どうぞ、お楽しみに!
 
ということで、このコーナー初の内容は・・・

私たち、株式会社マルゼンの考えるオフィス創りとは・・・を紹介いたします!


株式会社マルゼンは、沖縄県が本土復帰をする以前に創業し、おかげさまで

今年(平成28年)で50年となりますが、当初はAサインレストラン

(沖縄県内で米軍公認の飲食店)にてタオルペーパーの納品から始まり


↓(Aサインの許可証)
 

Aサイン




オフィス内で使うコピー用紙(当時は茶色い更紙というもの)を扱い、鉛筆や

ボールペンといった筆記用具。 そしてファイルなどへとお客様のご要望によって

変化し、 事務用品を扱いながら、机や椅子、収納庫(保管庫・書庫)といった

オフィス家具や複合機、プリンター、パーティションや床、壁、天井などの

工事関係、といった商材へと広がっていきました。




そして今 私たち株式会社マルゼンは

「人材の育つオフィス環境創りを通して 大好きな沖縄をより良くする」

というビジョンの基、日々取り組んでいます。


オフィス(事務所)スペースは、単に仕事をする箱や場所ではなく

考え方によっては 

 ”会社の理想の姿を実現するための空間”

にもなりうるのでは、と思います。

もしも、

普段、毎日いつものように会社に来て、いつものように仕事をしているオフィスが



”会社の理想の姿を実現するための空間”に生まれ変わったら!?



皆様の今の働く場所がこのようなオフィスになれるとしたら!?


きっと、そういうオフィススペースでは、上下関係なく社員さん同士の

コミュニケーションも活発になったり・・・

社員さんの仕事に対する

意識や発想力を触発して、作業効率や生産性があがったり・・・

結果

業績も上がる・・・




私たちが普段、いつものように働いているオフィスがこんなオフィススペースに

変わったら・・・

最高ですよね!!




そんな

オフィススペース、環境創りが人材の育つオフィス環境につながる

と強く考えています!


人材育成の一翼を担うオフィス環境創りを一社一社お手伝いしていくことが

私たちのビジョンである、

大好きな沖縄をより良くする! 元気にする!という

ことにつながると確信し活動しています!




是非、オフィスの移転(引越し)

をする時や、

こんなオフィスにしたいなぁという理想のオフィスレイアウトを検討する際に

は是非株式会社マルゼンをご活用してみてください。





勝手な想いをツラツラと書いてしまいました。

株式会社マルゼンのホームページをご覧いただき、そして最後までお付合い

いただき誠にありがとうございます!

皆様の会社様の今後の益々のご発展を祈念いたします。







沖縄県内のオフィスや施設、店舗の移転、

オフィス家具・備品のご相談は マルゼンにお任せください♪

詳しくは
  ↓

more

マルゼンノウハウブログ開設します!

2015/10/21   :   ノウハウブログブログ

マルゼンの多くのノウハウを共有していきます。

more

TOPへ戻る