マルゼン

人材の育つオフィス環境創りを通して
大好きな沖縄をより良くする

お気軽にお問い合わせください。平日9:00~18:00

0120-33-0081

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

オフィス設計のコンセプト 大好きな沖縄をより良くする人材の育つオフィス環境創りを通して

マルゼンのオフィス創りへの想い

ピン

マルゼンのオフィス創りは、ただの”作業をする箱”を作るのではありません。
オフィスで働く社員の行動・思考を変え、人材の育つオフィス環境創りをご提案しています。

具体的にはトップから会社の将来に対する考えや想いをお聴きしオフィス創りの
核となる“コンセプト”を共有します。その後、責任者様と共にコンセプトを形に現していくことで人材の育つオフィス環境を実現していきます。

オフィス創りを通して沖縄の企業の人材育成をサポートすることが、
“大好きな沖縄をより良くする”
ことに繋がる、ここに私たちの使命があると考えます。

人材の育つオフィス環境創り3つのコンセプト

社長の想い・考えをオフィスを通して伝える

社長の想い・考えをオフィスを通して伝える

  • 企業をより良くするためには、社員が自立しなければいけません。
  • マルゼンが考える自立とは、社員が社長の想い・考えを理解して発言・行動できることです。
  • 1人1人が社長の想いを理解し、社長の代弁者になる必要があるのです。
  • オフィスに社長の想い・考えを伝える仕掛けを取り入れ、自立した人材の育成を実現します。

新たな刺激で社員の発想力を触発する

新たな刺激で社員の発想力を触発する

  • 現代はクリエイティブさが求められる時代です。
  • クリエイティブなアイデアを出すには、1人1人の発想力が高く、
    様々な意見を出し合わなければいけません。社員に新たな刺激を与え、脳を活性化させる仕掛けをオフィスに取り入れることで社員1人1人の発想力を高めます。

コミュニケーションの活性化

コミュニケーションの活性化

  • マルゼンが重要視しているコミュニケーションとは会議のような予定された業務上の会話ではありません。
  • 挨拶や日常会話などの何気ない業務外の会話の中に一体化のきっかけや発想のヒントがあります。
  • これをインフォーマルコミュニケーションと言います。インフォーマルコミュニケーションが活発化する仕掛けをオフィスに取り入れます。

TOPへ戻る