オフィス移転に伴う新規タイルカーペット工事 | 沖縄のオフィス設計会社 マルゼンの施工事例

マルゼン

オフィス空間創りを通して社員の夢実現を応援し
大好きな沖縄をより良くする

お気軽にお問い合わせください。平日9:00~18:00

0120-33-0081

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
 

マルゼン実績紹介

オフィス移転に伴う新規タイルカーペット工事株式会社ビジアス 様

タイルカーペット工事

両面テープ工法

タイルカーペット工事

POINTオフィス創りのポイント

ノリを使わないタイルカーペット工事

DATA施工データ

 【課題・問題】
お客様はコールセンター業を運営されていますが、
この度オフィス移転されることになりご相談をいただきました

移転先のオーナー様から、次のオフィス移転がしやすいように
「接着剤やノリを使わないで下さい。」と言われていました。
しかし、床材が敷かれていないため、新規タイルカーペット工事を行う必要がありました。

【解決・対策】
協力工事会社と知恵を出し合い、接着剤やノリをつかない工法を考えました。
お客様とオーナー様のご要望を実現するために、
両面テープでのタイルカーペット工事を行うことにしました。


しかし、オーナー様から、通常の両面テープはノリが残るので、
簡単に剥がせる両面テープにしてほしいとの要望がありました。
そこで、タイルカーペット用の剥がせる布テープを使い、
新規タイルカーペット工事を行いました。


両面テープはあらかじめ床に貼り付けておく必要がありました。
両面テープがタイルカーペットの境になるように貼り付ける必要がありました。
まずは、墨出し(床面に下書きをすること)を行い、
両面テープを貼り付ける場所を明確にしていきます。


墨出しを行うことにより、
問題なくタイルカーペット工事を行うことができました。

新規タイルカーペット工事後の写真です。
両面テープでも貼り付け方や工法を工夫することで、
接着剤やノリのようにズレることなく貼り付けることができます。

また、お客様が黒とグレーを交互に貼り付けて欲しいというご要望通りに
施工をすることができました。



【施工データ】

会社名        …  株式会社ビジアス様
事業内容       …  コールセンター業
所在地        …  沖縄県那覇市
ご提供したサービス  …

 オフィス移転、タイルカーペット工事、原状回復工事

 

OTHERSその他の施工事例

TOPへ戻る